FX初心者必見!知っておきたい用語やメリットとデメリット

FX初心者が知っておくとタメになる専門用語をいくつか説明

最初に円高と円安について確認しましょう

外国為替証拠金取引の略称であるFXは、自分で通貨の売買をしながら利益を得る作業が要ります。その中で、通貨トレードをする際にアスクとビッドという単語は見逃せません。取引会社の中には色分け表示をしているかもしれませんが、専門用語として知っておくと役立ちます。

アスクとビッドについての説明

FXをする際に、知っておくと良い用語は円高と円安。日々、新聞や経済番組などで目にしているはず。FXをするうえで欠かせない用語なので、確認を進めましょう。

日本円が高くなっている状態なのが円高。例えば、1ドル100円だったのが、50円になった場合が円高。勘違いをしがちですが、100円出せば2ドル購入できるので、円の価値が上がった状態。円高であればドルの外貨が安い状態なので、輸入での外国商品を安く購入できます。海外に行く機会があれば、日本円をドルに交換する場合の費用が少なくて済みます。一方、FXをはじめ外国証券の投資をする人には、資産が減っている状態なのがデメリット。また、輸出に頼った貿易を行う企業は、業績が落ち込みやすい傾向です。

逆に、日本円が安くなっているのが円安。1ドル100円が200円になった状態が円安なので、ここも勘違いしやすいポイント。100円出しても0.5ドル分しか購入できず、200円出さないと1ドルの購入ができないため、円の価値は下がった状態。円安は、海外投資をする人には、資産価値が上がっている状態です。外貨を所有しており交換をする場合、購入時よりも円安幅が大きいと得られる利益も増します。特に高額な投資をした人は、それに比例して利益も増えます。しかし、日本で生活をする人にとっては、輸入した物価が高くなるため、生活費が嵩むかもしれません。また、ドル交換の費用も多く掛かります。

FXに関する専門用語は他にもあります。初心者が知っておくと役立つ単語を中心に説明をするので、参考にしてください。

レバレッジも知っておくと取引をしやすくなる

担保となる保証金の金額を取得できるシステムなのがレバレッジ。最大25倍の金額が取引可能なのも1つのポイント。例えば、10万円の取引に対して、レバレッジ25倍なら250万円分の取引ができます。しかし、掛け金が大きいとリスクも高いため注意が必要です。

FXにおける注文の専門用語

FXは証拠金の追加をはじめ注文する機会がありますが、専門用語が複数あります。今回は、IFDとIFO、OCOの3種類を確認しましょう。上手に活用できれば、きっとFXを楽しめる切っ掛けが得られます。各種参考にしたうえで、取引をする際に活かしてみるのはいかがでしょうか。

TOPへ戻る